読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬も歩けば猫も歩く

中年サラリーマンの生活と副業について書いています。

スポンサーリンク

こんな客は大っ嫌いだ!

いよいよ今日から夏休みです。

今年の8月は、例年と違って仕事がメチャメチャ忙しかった。休み明けからまた予定がビッシリだけど、とりあえず今日から休みだから、仕事のことは一切考えないようにしたいけど、その前にこれだけは記事にしておきたい。

見積書の作成中

こんな客は大っ嫌いだ!

なにがイヤって、バカみたいな見積もり頼んでくる人いるじゃないですか?そんなにたくさんの見積もり今日中に出しといてって、無理ですから!


たとえば、こんなの送ってくる人。

  タイプA タイプB タイプC
100      
300      
500      
1000      
1500      
2000      
2500      
3000      
3500      
4000      
4500      
5000      
5500      
6000      
6500      
7000      
7500      
8000      
8500      
9000      
9500      
10000      

ありえないでしょ?

Google スプレッドシートを使った表の作り方は、こちらのブログを参考にしました。

bobcoffee.0012.org


クライアントからの依頼だったとしても、もし自分だったら相手の気持ちを考えます。
「こんな膨大な数の見積もり頼んだら、気の毒だよな・・・。」

でも、断れないお客さんだから、どうしても出さなきゃいけない!自分だったらこうします。

  タイプA タイプB タイプC
100      
1000      
5000      
10000      


出してもらった見積もりに対して、間の数量は割割りで計算して出しちゃいます。過去の経験則から言って、こんなバカみたいな見積もり出して、仕事になったことはありません。


自分がされてイヤなことは、人にもしない!

これ、わたしの哲学!


でも、現実は厳しい・・・。
実際には、昨日の朝これ頼まれました。
全部で、69パターンあります。


まともにやったら、たぶん半日以上掛かるでしょう!
でも、やりました。
断れないお客さんだから(涙)。


でも、まともにはやりません!
積算をしたのは、数量100、500、1,000、5,000、10,000×3タイプの合計15パターン!あとは、間の数量を割り割で出しちゃいました。


でも、これコツがあります。
完全に割割りで数字を出しちゃうと、利益率が異常に下がったり、場合によっては原価割れになる可能性だってあります。


なので、自分の場合はこうしています。

仮にタイプA 数量5,000が50万円、数量10,000が90万円だった場合。
数量6,000の見積もりを割り割で出すと、
90万-50万円=40万円だから、
40万円÷5,000×1,000+50万円=58万円(単価96.7円)


しかし実際には、
40万円÷5,000×1,100+50万円=58.8万円(単価98円)
つまり、割割りの数字に対して、1割増しで積算をしているわけです。今回のように数量の間隔が狭い時には1割増しですが、もっと間隔が広い時には2割増しで計算しています。


実際に積算してみると、けっこう近い数字が出てくるだけでなく、何よりも膨大な見積もりによる積算間違いを防ぐことができます。というより、こんな客はまともには相手にしていられません・・・。


こんな客は大っ嫌いだ!