読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬も歩けば猫も歩く

中年サラリーマンの生活と副業について書いています。

スポンサーリンク

お客さんと部下のやり取りが面白かった話!

仕事

先日お客さんから依頼のあった試作品だが、設計や企画そのものにもミスがあったようで、どうにも不具合が出ているとの報告が社内からあった。


確認してみると、確かにこれでは試作品にもなるまい!
お客さんに連絡をして、これから訪問したいので都合を伺うと、午後一ならば社に戻れるとのことなので、伺った時の話。

遅れてすみません

時間ちょうどに伺うと、応接室に通されてしばし待つことに・・・。

5分ほど待つと、課長さんが現れて、
「○○さん、申し訳ない!まだあいつ社に戻ってないんですよ。」


5分、10分待つことなど日常的なので、課長さんと雑談をしながら担当者の帰るのを待っていたのだが、20分経っても30分経っても戻ってこない・・・。


ようやく40分ほど遅れて、担当者(仮にGさんとしておく)が登場!!!

「いや~!すいません!すいません。」


すると課長さんが、すかさず突っ込んだ!

「お前、○○さんが1時に来るって分かってるのに、何やってたんだよ!」


するとGさん

「すいません、ちょっと昼ご飯食べてたら遅くなっちゃって・・・」


「昼ご飯って、お前めしなんか食ってる場合じゃないだろう!で、何食ってきたんだよ。」


「△○でラーメン食べてきました。」


「△○って、いつも10人以上並んでる店だろう!そんな店で昼飯食ってるアホいるか?」


「店の前通りかかったら、今日は5人くらいしか並んでなかったんで、これはチャンス到来かなと思いまして・・・」


「あのな、昼だから飯食うなとは言わないけど、こういうときなんだから駅そばでサッサと済ませて来いよ。それにな、あの店は麺が太いから茹でるのに時間が掛かるし、あそこの主人は一度に4つしか作らないから、客の回転が悪いんだ!食ってる客より、待ってる客の方が多いだろう!」


「すいません・・・。」


「で、トッピングはどうしたんだ?」


「えっ?」


「だから、トッピングはどうしたんだって聞いてるんだよ!」


「えっと、野菜マシにしました。」


「もうお前だめだ!退場!」


こんなやり取りが10分以上続いた。
自分はおかしくって、ニコニコしながら、その光景を眺めていた。


こんな会社、いいよな!
職場に大切なのは、コミュニケーション。笑いがある職場ってホントにいい。


この課長さん口は悪いけど、本当に面倒見のよい人で、社内でも人望があるようだ。
こんな事言っておいて、きっと近いうちにGさんと一緒に△○に並ぶんだろうな・・・。」