読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬も歩けば猫も歩く

中年サラリーマンの生活と副業について書いています。

スポンサーリンク

ついにストレスが大爆発を起こしてしまったのだ!

数日前の朝、いつものように起床して寝ぼけ眼で洗面台に行くと、そこに映った自分の顔を見て思わず叫んでしまった!


「なんじゃこりゃあ~!」

ビックリした

あのカリスマ俳優・松田優作の殉職シーンのような叫び声をあげてしまった。口のまわりが血だらけなのだ!不思議と痛みは感じないが、口を開けると真っ赤である。


半年くらい前に作った歯ぎしり防止用のマウスピースを外してみると、やっと理由が分かった。マウスピースが破壊されている!

なんてこった・・・。

abberoad.hatenablog.jp

 

半年前に作ったマウスピース
作ったばかりのマウスピース


写真の左側は大きく裂け、右側の奥歯の部分には穴が開いている。たぶん寝ている間に歯ぎしりの圧力でマウスピースが破壊されてしまい、堅い樹脂でできているため口の中を傷つけてしまったのだろう・・・。

破壊されたマウスピース
破壊されたマウスピース

しかし、なんということだろう。
マウスピースを破壊するって、どんだけ歯ぎしりしてるんだよ!って、思わず自分で自分に突っ込んでしまった。


幸いにも出血はしばらくして治まり、遅刻はしたものの会社に出勤することはできた。

たしか、保険診療では半年以上経過しないと、作り直すことができないので、大切に使用・保管をしてください!って言われた気がするけど、あれから何ヶ月経ったんだろう・・・。


半年過ぎてなかったら、いくら掛かるんだろうか・・・?と案じながら前記事をみると、2015-07-05となっているから、9ヶ月が経過している。ホッとしながら、掛かり付けの歯医者さんに電話をした。訳を話して、作り直してくださいとお願いすると、来院してくださいと言う。


「えっ!?前の型で作り直しくれればそれでいいんですけど・・・。」


「型は残っておりません。それに、以前作成してから9ヶ月が経過しておりますので、歯型を取り直す必要があります。」


電話をかけたのが月曜日、予約の取れた土曜日まで5日間も待たなくてはなりません。マウスピースなしで寝床に入るなんて、なんか不安だなぁ・・・。ちゃんと眠れるんだろうか?と案じながら今日が来る日を待ち望みました。


そして、いよいよ今日の16時に歯型を取りに出かけます。
でも、今日歯型を取っても、出来るまでに1週間くらい掛かるんだよなぁ。


やれやれ・・・。