読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬も歩けば猫も歩く

中年サラリーマンの生活と副業について書いています。

スポンサーリンク

台湾旅行に行って驚いたこと!美味かったもの!【夫婦珍道中】第一話

娯楽

今年に入って初めての更新になります。

大分遅くなりましたが・・・、今年も「犬も歩けば猫も歩く」をよろしくお願い申し上げます。


去年の秋頃だったか、うちの奥さんが突然旅行に行きたいと言い出した。子どもが生まれてからは、二人きりで旅行などしたことがなかったが、久しぶりに行きたいという。

それも海外!

台湾旅行

「海外って、どこに行きたいの?」

「台湾」

「たいわん?」

「なんで台湾なのだ?」

「台湾がわたしを呼んでいるのよ!」

しばらく考えて・・・、「悪いけど、今会社の業績も良くないし、この冬のボーナスも出るかどうか分からないし、そんな気分になれないよ・・・。」


しょぼ~ん・・・。

 

12月になり、なんとかボーナスが出たと思ったら、また言いだした!

「もう12月の半ばだよ?1月の7・8・9日なんて、予約が取れるわけがないよ!」

で、その手のサイトをいろいろと探したようだが、キャンセル待ちさえできないようだ。


「今寒いしさ!暖かくなってからでいいじゃない。」


でも、嫁は諦めなかった。通勤電車の中、昼休みなど暇を見つけては、旅行サイトをこまめにチェックしていたらしい。


そして、仕事中突然LINEが来た!

取れたわよ!(^^)/

マジかよ、ホントに取りやがった。


で、台湾に夫婦ふたりで行ってきやした。

当日は、14時30分頃の出発なので、少し早めに10時頃自宅から自家用車で出発!昼前に成田に着いちゃいました。

出発ゲート
搭乗予定の飛行機に遅延が出ていないかチェックです!


そして、いよいよ台北へ向かう飛行機が姿を現しました。航空会社はチャイナエアライン。週末なので、帰国する中国人がいっぱい!みんな爆買いしてる。

チャイナエアライン
搭乗するチャイナエアライン


チャイナエアラインの客室乗務員(キャビンアテンダント)、とっても美人ぞろい!(^o^)


しばらくすると、機内食の登場です!
鶏肉か白身魚と聞かれたので、二人とも魚をチョイス。昼ご飯を食べてからあまり時間経ってなかったので、あずき最中まで食べきれませんでした。

機内食


機内では、映画を鑑賞!

どれにしようか迷ったけど、久しぶりに邦画もいいかということで、アニメ映画「君の名は。」に決定。面白かったけど、エンディングがちょっともやもや・・・。

台湾に台湾に入国

そして、いよいよ台湾に上陸です。着いたのは、台湾桃園国際空港。入国手続きを終えると、JTBのガイドさんの案内で、ホテルに向かいます。

出発後、すぐにアナウンスがあり、台北のホテルまでは約40km。

「40km!そんなに遠いのかよ!」

ホテルに到着したのは、現地時間で19:30ごろ。(日本と約1時間の時差があるので、時計を1時間巻き戻しました)

宿泊するホテルは、ロイヤルシーズンズホテル台北/皇家季節酒店。こぢんまりとした建物ですが、4つ星だけになかなかの雰囲気です。

ロイヤルシーズンズホテル台北

さっそく夕飯でも食べに行こうと、フロントの人に夕飯を食べに行きたいんだけど、どの辺がいいですか?と尋ねると、少し先に夜市があると言う。


「ただし、露店には入らないでください。日本人お腹こわします」


10分ほど歩くと夜市に着いた!
人がいっぱいで、お店や露店がいっぱいある。日本でいうお祭りのような人だかりだ。

夜市

台湾に行ったら、牛肉麺を食べたいと思っていたので、その手のお店に入店。
取りあえずビール!と言うことで、まずは台湾ビールで乾杯!

台湾ビール

ちょっとライトな日本ビールといった感じで、特に違和感はない。


そして、いよいよ牛肉麺の登場です!

牛肉麺

麺は平打ち麺で、スープは牛肉の味が染みていて美味しい。牛肉も柔らかい。


ビール3本、牛肉麺2つ、青菜の炒めもの一つで約400元。1元=4円弱だから、日本円で約1,600円。ハッキリ言って台湾の物価高いです。もっとも観光客相手のお店の話です。

メニュー

あとで分かったことですが、台北では現地の方が利用する飲食店や露店が早朝から開店します。
その手のお店の値段は、お粥とか団子スープが20元くらいの値段です。(約80円、これは安い!)


そして、ホテルへの帰り道。面白いものを発見!

台湾の台湾の信号機

台湾の信号機、青は進め、赤は止まれは日本と同じですが、あと何秒で赤に変わるよとカウントダウンが表示されます。


これはいい!
日本でも、ぜひ採用して欲しい。

そんなこんなで、一日目は無事に終わりました。
ホテルに帰って寝よ!


第二話へ続く・・・。