読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬も歩けば猫も歩く

中年サラリーマンの生活と副業について書いています。

スポンサーリンク

500円でこんなに悔しい思いをするとは!

月に2度ほど、夜食の買い出しに行くドラッグストアがある。
仕事帰りに、お酒やつまみ、目薬、消炎鎮痛剤(肩こり用)などを買うことが多い店だ。


その日も、いつも通り買いものをしてレジで会計を済ませようとすると、

「ポイントが500ポイント以上貯まっておりますけど、如何なされますか?」

と聞かれたけど、その日は財布に小銭がたくさん入っていたので、

「ポイントは貯めときます!」

と言って代金を支払い、店をあとにした。

ポイントカード

それから数週間後、いつも通り仕事帰りに買いものをしようと店に向かうと、店頭がなんだか暗い、そして遠くからだが、いつもならトイレットロールやティッシュなどのかさばるもの、セール品などが入ったワゴンが店頭に並んでいるのだが、それもなさそうだ。


「えっ!ここって年中無休じゃなかったの・・・?」

と店の前に到着すると、


なんと!

閉店したお店

え~っ!閉店しちゃったの!

「そりゃないぜセニョリータ!」


こんなことなら、先日の買いもので500ポイント(500円)使っとけばよかった!なんてこった!俺の500ポイントはどうなってしまうんだ~!


むなしい叫びだ・・・。


このお店のポイントカードは、結構ポイントが貯まりやすくて、今までにも何度か500円とかの値引きに使っていた。使い方が悪いのかもしれないが、ポイントがほとんど貯まらないTポイントカードなどとは大違いだ。


それにしても、ショックだな~!

食品だけでなく、雑貨や医薬品なども買えるし、遅くまで営業していたので、本当に重宝していたのに・・・。


悔しくて店頭で、子どものように「地団駄」を踏んでしまった!


それにしても、この街に住んでもう10年以上が経つけど、街角にある商店はほんとうに様変わりしてしまった。


今回閉店したドラッグストアは、チェーン店だったけど、個人商店はほとんどが壊滅してしまった。薬局、一般料金の理容店、飲食店(喫茶店やラーメン屋さん、居酒屋など)、ブティック、お茶屋さんなど、み~んななくなってしまった。


で、どうなったか?

もう滑稽なくらいおかしい!


近所の商店街にあるのは、クリーニング店と美容室と学習塾ばかり。特にクリーニング店は、もういったい何件あるんだというくらいの数だ。


また、理容室は1,000円カットのお店が繁盛しているけど、美容室はカット・ブロー3,500円~などと一般価格のお店ばっかり。


きっと、どこの家庭でも、お父さんは1,000円カット。お母さんは3,500円の美容室なんだろうな?みなさんのご家庭でも、きっとそうじゃありませんか?


個人商店が元気でない街は、ほんとうにつまらない・・・。

戸越銀座商店街みたいな個人商店が活況な街に住んでみたい!ほんとうにそう思いますね。

www.togoshiginza.jp