読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬も歩けば猫も歩く

中年サラリーマンの生活と副業について書いています。

スポンサーリンク

今からでも間に合う「モバイルフレンドリー」

 検索順位に大きな影響をもたらすといわれる

4月21日のGoogleのアルゴリズム更新まで、残りわずかとなりました!


まだモバイルフレンドリーになっていないサイトは

このアルゴリズムの更新で、大きく検索順位を下げると予想されます。

(順位に影響が出るのは、モバイルでの検索時のみのようです)

 

多くのサイトオーナーは、

モバイルフレンドリーへの対策を行っていると思いますが、

中には、時間もないし、もう面倒くさいから・・・など、

けっこう、放置している方もいるのではないでしょうか?

 

そんな方のために、この土日の週末で、

PCサイトからモバイルフレンドリーサイトにする方法をお教えします。

10~20頁程度のサイトならば、頑張ればなんとかなると思います。


■レスポンシブ対応テンプレート

まずは、レスポンシブ(※1)に対応したテンプレートを探しましょう!

といっても、あれやこれやと探しているうちに時間もドンドン経過してしまうので

わたしが実際に利用したサイトをご紹介させて頂きます。

template-party.com

無料で使えるホームページテンプレートです。

たくさんのテンプレートが掲載されていますが、

レスポンシブに対応したテンプレートも用意されています。

 

左側サイドバー > 一番上のレスポンシブをクリックしてください。

無料で使えるレスポンシブWEBデザインテンプレートが、なんと180点もあります。

お好きなものがあったら、さっそく【ダウンロード】してみましょう!


※1)レスポンシブとは単一のHTMLで、スマートフォンやタブレット、PCといった画面 サイズが異なるデバイスへ対応できるWebサイト制作手法のこと。

 

■ホームページ素材

今回は、基本的にサイトのお引っ越しを前提にお話ししていますので、素材は今お使いのものをそのまま利用すれば問題ないと思いますが、新しいテンプレートデザインに合わせてヘッダー画像を替えたいという方も多いと思います。

 

わたしもそうでした。

わたしが利用したのは、「フォトライブラリー」という写真素材のサイトです。風景・自然から人物、雑貨など掲載されている写真素材280万枚強、内フリー素材が15万枚弱もあります。

www.photolibrary.jp

 

■さっそくお引越の開始!

作業を始める前に、一つだけやっておいた方がよいこと。

現在のキーワード出現率をチェックして起きましょう!

解析結果が表示されたら、キャプチャしておきましょう。

キーワード出現頻度解析ツール | SEO 検索エンジン最適化


基本的にお引越なので、今のHTMLファイルを開いてコピペしていくだけなのですが、一つ注意点があります。コピー元のテキストをコピーしたら、直接新しいテンプレートのHTMLファイルに直接ペーストをしないで、いったんメモ帳にコピーしてから貼り直した方がいいと思います。

 

なぜなら、コピー元のテキストだけをコピーしたつもりでも、CSS属性も一緒にコピーされている場合があるからです。そのまま貼ると、新しいテンプレートのCSSが勝手に書き換わってしまうこともあるので、念のために一旦メモ帳にコピーしてからの方が安全です。

 

■著作権表示は外しましょう!

せっかく、新しいテンプレートにするのですから、テンプレート下部の著作権表示は外しましょう!

このサイトの場合、著作権削除のライセンス料金はたったの2,900円と、他サイトに比べてとてもリーズナブルで良心的です。

 

ライセンスの申し込みをすると、ライセンスコードがメール送信されてくるので、それをhtml側の</body>の上の行に貼ればOKです。


■お引越のつづき!

お引越の作業を続けて行くと、今までのHTMLファイルと勝手が違い、分からないことが出てくることもあると思いますが、このサイトには質問BBSが設けられており、質問に対してサイト運営者の方がサポートをしてくれるので安心です。

 

※BBS回答は土日祝お休みですが、過去記事を見ればだいたいは解決します♪

 

だいたいこんな感じで、作業を続けて行けば、この土日でサイトのお引っ越しは完了すると思います。

 

最後に意外と忘れがちなことをお一つ。

Google ウェブマスター ツールを利用している方は、サイト確認用のメタタグを貼っていると思いますが、これを貼るのを忘れないようにしましょう!


■データのアップロード

作業を終えたら、新しいテンプレートをサーバーにアップロードしましょう!と同時に「同期」を行って、古くなったデータはサーバー上から消してしまいましょう。

 

データのアップロードを終えたら、無事完了です。

「モバイルフレンドリーテスト」で、

問題ありません。このページはモバイル フレンドリーです。

と表示されれば、あなたのサイトもモバイルフレンドリーの仲間入りです。

Mobile-Friendly Test

モバイルフレンドリーテスト

 

■さいごに

最後に、新しくなったサイトのキーワード出現率をチェックしてみましょう!前と後で、微妙にキーワード出現率が変わっていると思います。

問題があるようなら、文章を少々変更してキーワード出現率を調整しましょう。


これで、おわりです。
お疲れ様でした!